血と汗と涙の結晶がここに(おおげさ)

2015年9月の投稿一覧

昔の脱毛法と比べると光脱毛は痛みが弱くて肌への負担も少ないです

今までの脱毛法と比較すると、光脱毛は痛みが弱くて、お肌への負荷もかからない脱毛法として評価されています。
とはいえ、お肌の性質は人によって違いがあります。お肌が敏感な人は光脱毛の施術で火傷みたいな状態になる時もあります。
そして、日に焼けた後に光脱毛をすると、火傷状態になりやすいため、注意してください。
医療脱毛は痛いという話をよく聞きますが、実際の所どうなのでしょうか?実際の所、脱用サロンよりは痛みがあります。
脱毛の効果がより高いので、よく脱毛サロンで使われるような光脱毛と比べると痛みの強さが増すと考えてください。脱毛サロンならば、ほぼ無痛に近い脱毛が受けられますが、医療脱毛のケースでは肌を輪ゴムで弾いた時の痛みに近いものを感じます。エステティック「ミス・パリ」が採用しているのは、美容電気を使用した脱毛です。
あえてその方式を採用しているのは、お肌へのダメージもなく、完璧な脱毛を提供しています。エステティック協会が認定している資格を取得した施術者が脱毛施術を行いますから、割高感が多少あったとしても、費用対効果という言葉があるように、他店ではない仕上がりの良さをすごいと感じる方も多いようです。光線によるダメージを与えることがないため、日焼けした肌でも脱毛でき、ムダ毛がほとんど生えてこなくなるため、自己処理とさよならできるというのも、評価される理由のひとつです。脱毛サロンへ通う回数なのですが、具体的には一つのパーツにつき6回から8回の処置を受けるのが一般的なところです。それから、施術を一度受けた部位は、次の施術まで約2ヶ月休ませる必要がありますから、脱毛を完了させるにはどうやっても一年以上はかかる計算になりますね。
効率よく脱毛をしようとするなら、一度に2箇所以上の施術を受けるといいかもしれません。だからといって、焦って全身脱毛の契約を結んでしまうというのは抵抗がありますよね。

↑Pagetop

Copyright(c)レビュー系脱毛ブログ. All rights reserved.