ACマスターカード審査が年収って本当?

マスターカードの種類多い

クレジットカードが欲しいと思いネットで調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてどれを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をドラマなどで聞くこともありますがこの2種類に関してはカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、イベントによってはACマスターカード払いのみなどクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでACマスターカードはとても便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンや奨学金などを滞りなく返済されているかなどのデータです。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことが重要です。

最近、増えているのがほぼ全国民が持っている携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで入っていなかったということもあるので注意しましょう。

ACマスターカードについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社を見分ける目安としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、人の力だけで全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話がかかってくる可能性が少ないと言われています。

ACマスターカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に問題がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどACマスターカードが必要なタイミングが増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面は返済能力に問題がないか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでACマスターカードを作る際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に落ちるという話もあります。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済もできるだろうとカード会社は判断できるためです。

作ってもあまり利用しないということもあるためクレジットカードを新たに作る場合は年会費無料のカードを利用しましょう。

職業とクレカ審査の関係

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にカード決済のトラブルが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく電気料金や携帯料金の払い忘れをしても影響があります。

家事手伝いと専業主婦、両方とも仕事で収入を得ていないのは同じですが、ACマスターカードを作る時には大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に落ちるという話もあります。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在が大きいです。

夫が正社員として安定した収入があるので返済も大丈夫だろうと判断できるためです。

カードを作ってもあまり利用しないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードに申し込みましょう。

ACマスターカードの審査について周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、申込者が多くすべての申し込みに対して、全てを人力で確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なACマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的には申し込み時に審査は絶対あります。

なぜかというとカードを発行する企業からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。

みなさんがACマスターカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

実は審査の時に確認しているのは収入情報だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を見ているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、そのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

乖離が激しい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

申し込み内容が怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要なタイミングが増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行する必要があります。

初めてカードを作る場合、気になるのが審査がどう行われているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分とクレジットヒストリーとも呼ばれる信用情報です。

収入面は年収からいくらまで貸せるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方はクレジットカードを使う方が多いのではないでしょうか。

ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを発行しないとクレカ払い以外しか利用できません。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするには商業施設で申し込む方法や手軽に行えるネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。